スポーツフォトグラファーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

スポーツフォトグラファー

どんな職種?

スポーツの瞬間をカメラに収め雑誌や新聞、広告に提供

スポーツに関わる写真を撮影し、雑誌、新聞、広告などの媒体に提供する仕事。競技中のみならず、競技外での選手の取材なども含め、対象選手の一瞬の表情や動きを捉えなくてはならない。そのため撮影技術だけでなく、それぞれの競技についての知識が必要となる。また、貴重な瞬間を逃さずキャッチするため、常に集中力が求められる仕事でもある。新聞などは報道的要素が強いが、雑誌などは芸術的要素を求められることもあり、センスを磨くことが必要。新聞社、出版社、制作会社などに所属し、その後フリーランスで活動することも多い。

こんな人におすすめ!

瞬間を逃さない集中力とカメラ技術に加え、スポーツや選手に関する事前知識が重要

被写体となるスポーツ選手は動きが速いため、カメラを自在に操る高いスキルに加えて、一瞬を切り取る集中力と予測力が重要だ。屋外スポーツの場合、天候や気候に合わせた機材選びも必要になる。また、スポーツに関する知識や選手の動きの特徴などを理解しておくと、魅力的な写真を撮影できる可能性が高くなるだろう。取引先からの依頼で撮影する場合には、どのような写真が欲しいのか具体的に聞き出す傾聴力も求められる。

スポーツフォトグラファーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、スポーツ学、写真など
  3. 採用試験就職先:出版社、テレビ局、広告会社、フリーランスなど
  4. スポーツフォトグラファー
  • Point1

    出版社などのメディア企業や広告関連企業で採用されるほか、個人のスポーツフォトグラファーのアシスタントとして働き始める人もいる。

  • Point2

    納品前に写真加工を求められる場合もあるため、写真加工ソフトが使えると仕事の幅が広がるだろう。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!