研ぎ師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

研ぎ師

どんな職種?

刃物を研いで切れ味をよくし使いやすく仕上げる

研ぎ師の仕事は大きく分けて2通りある。一つは、美術品の日本刀の刃紋などを美しく引き出す日本刀専門の研磨師、もう一つは理美容師が使うはさみ、調理師や家庭で使う包丁の研ぎ師である。日本刀の研磨師の場合は美術品のため、長い修業が必要だが需要は少ない。はさみや包丁の場合は、用途、使い手の癖、利き手を確認し、プロ用であればより精度の高い仕上げのイメージを確認して砥石を使い分ける。刃の薄さや鋭さを調節していく仕事だが、日常的に使う刃物は需要も大きい。国家試験などの資格は不要だが、一定の修業は必要だ。

こんな人におすすめ!

刃物や砥石に関する知識に加え、利用者の用途にあわせて研磨する技術が必要

日用の包丁から美容師用のはさみ、日本刀に至るまでの刃物と、砥石に関する知識が必要だ。利用者に用途や利き手などをヒアリングする傾聴力に加え、希望に合わせた砥石の選択と研磨技術が求められる。プロ用の刃物なども扱うため、丁寧に物事を仕上げることができる人に向いている。

研ぎ師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:日本文化学、美術など
  3. 採用試験就職先:刃物販売専門店、刃物制作会社、刃物修理会社など
  4. 研ぎ師
  • Point1

    日本刀を専門に扱う研ぎ師は「研磨師」と呼ばれ、より専門性の高い研磨技術が必要となる。

  • Point2

    研ぎ師として活躍するためには、就職前に専門店主催の講習を受けて知識と技術を身に付けるか、就職先で研修を行う。工房にて修業をして技術を学ぶ方法もある。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!