彫刻家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

彫刻家

どんな職種?

石、木、金属などにイメージを彫り込んで美術作品を創作する

石、木、金属などを彫り込み、芸術作品として立体物を造形する仕事。近年では空間演出も含め、空間造形作家として活動する人もいる。彫刻の歴史は古く、絵画と同じく有史以来の芸術。その目的や彫刻のあり方も変化してきた。彫刻家になるには、まず作品を具象化するデッサン力をしっかり身に付けておこう。美大などの彫刻科で学んだ後は、工房で働いたり彫刻家に弟子入りしたりするなど決められた道はない。彫刻だけをなりわいとするケースはまれで、美術講師や絵画教室などを兼業している人も。美術展での受賞が評価につながる。

こんな人におすすめ!

彫刻の技術とデッサン力、彫刻素材に関する知識が必要

工具を自在に扱う手先の器用さや彫刻の技術だけでなく、実際に彫刻する前段階であるデッサン力も重要なスキルである。作品を完成させるには長期間を要するため、 細かい作業にコツコツ取り組める集中力が必要だ。石こうや木材、鉄など、彫刻する素材に関する知識があることで、よりイメージに近い作品作りが可能になるだろう。

彫刻家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、美術など
  3. 採用試験就職先:美術学校講師、画材店、美術系予備校講師、彫刻教室、工房など
  4. 彫刻家
  • Point1

    彫刻の技術を磨くために、静物だけでなく、動物や人間など、さまざまなものを対象にしてデッサン力を養うこともおすすめだ。

  • Point2

    芸術系の学校で彫刻を学び、美術関係の職場で働きながら作品作りを行う人が多い。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!