リペアマイスター(靴修理人)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

リペアマイスター(靴修理人)

どんな職種?

すてきな靴を安全に美しく長く履き続けるための修理を担う

靴を長く履き続けるための修理を行う仕事。駅やショッピングモール内にチェーン展開する大手修理店では、かかとなどの応急処置が多いが、高級革製品の手入れを含め、履きやすさを追求した調整、修繕を行う工房もある。靴修理や靴作りの教室を持つ工房や靴専門店で学んだり、ファッション系専門学校でシューズデザインを専攻するなど、まずしっかりとした技術を身に付けたい。その後、研修制度のある大手修理店でキャリアを積み、将来はこの道のプロフェッショナルとして独立店や工房を営むことも夢ではない。

こんな人におすすめ!

専門的な靴修理の知識と技術が必要

靴の壊れた部分を修理する知識や技術、手先の器用さが求められる。靴修理の工程を理解し、一つひとつの工程を丁寧に行うきちょうめんさも必要だ。靴の構造に加え、靴に使用される素材や靴ひもなどに関する知識も重要である。また、修理だけでなく靴を長く使用するためのアドバイスも行うため、お手入れ方法をクライアントに応じて分かりやすく伝える対話力があることが望ましい。

リペアマイスター(靴修理人)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:材料工学、金属工学など
  3. 採用試験就職先:靴屋、革製品修理業者、リサイクル業者など
  4. リペアマイスター(靴修理人)
  • Point1

    靴の細かい設計を理解した上で、さまざまな材質の特徴を理解しておく必要がある。また修理に使用する道具の使い方を勉強しておくと実務の役に立つだろう。

  • Point2

    靴の修理方法を学術的に学ぶことのできる学校に通い、卒業後、靴の修理専門店で修業をするのが一般的だ。

「ファッションビジネス」に関する他の職種も
チェックしてみよう!