古着屋になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

古着屋

どんな職種?

古着に新たな魅力を持たせ希少価値の商品として再販

国内外から古着を仕入れ、修繕やクリーニングを行い、新たな付加価値を加えて販売するのが古着屋。ビンテージと呼ばれるジーンズやアロハシャツのように、品ぞろえや売り方次第では、新品以上の価値を生み出す場合もある。大手チェーン店で経験を十分に積んで独立する人も、若いときから小規模店やネットショップを開業し、独立独歩でビジネスを広げている人もいる。古着屋を営むためには管轄警察署で「古物商申請」が必要。ブランドへの愛着、商品知識、センスがあり、独自の買い付けルートを持っていることが望ましい。

こんな人におすすめ!

古着に関する知識やファッションセンスに加え、経営知識を持つ

古着に関する知識に加え、洋服のリメイクや生地を傷めずにクリーニングを行う技術が求められる。古着を着こなすファッションセンスや顧客への提案力、お店づくりのセンスも重要なスキルの一つだ。店頭に並べる古着の買い付け先や買い付けルートを持っていることも重要である。また、お店を維持するために、商品の買い付けだけでなく商品管理や在庫管理に関する経営知識も必要だ。

古着屋を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経営学、会計学、デザイン、生活科学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:商社、百貨店、アパレル会社、通販会社など
  4. 古着屋
  • Point1

    独立開業する場合には、古物商申請を行う必要がある。また、海外で買い付ける場合には語学力も必要だ。

  • Point2

    服飾や物流について学校で学んだ後、アパレル企業や古着を扱う店舗に就職するのが一般的だ。

「ファッションビジネス」に関する他の職種も
チェックしてみよう!