クリーニング師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

クリーニング師

どんな職種?

衣類のシミや薬剤の知識プレス技能に卓越した洗濯のプロ

衣類のしみ抜きやアイロンなど、洗濯に関わる専門技術はもとより、衛生法規をはじめとする幅広い知識が求められる仕事。クリーニングを行う事業所には、一人以上のクリーニング師が在籍していなければならない。クリーニング師になり、店舗経営を目指すには免許が必要。1年以上の業務経験を積み、各都道府県で実施される「クリーニング師試験(衛生法規・公衆衛生・洗濯物の処理知識、実技/アイロン仕上げ・繊維の識別・染みの識別)」を受けることになる。合格後も最新知識や技能に関する定期研修が義務付けられている。

こんな人におすすめ!

細かい汚れにまで目が届く観察力と共同作業で物事を進める姿勢が必要

公衆衛生についての知識も必要となるため、専門的なことを学んでいく意欲が大切となる。細かい汚れやダメージに気付く観察力と、顧客から預かった商品を取り扱うための丁寧さも求められる。スタッフとの共同作業でお店を運営していく姿勢も必要である。また、手先の器用さはアイロンがけや染み抜きなどで生かすことができる。

クリーニング師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:家政学、服飾・被服学、生活科学など
  3. 採用試験就職先:クリーニング工場、個人経営のクリーニング店など
  4. クリーニング師
  • Point1

    クリーニング師の試験には、アイロン仕上げの実技や染み抜きの実技、触って行う繊維識別試験が含まれるため、クリーニング店で働いておくと合格に有利となる。

  • Point2

    各都道府県で実施される試験に合格後、該当都道府県に申請することでクリーニング師の免許が交付される。免許は更新などがなく基本的にずっと使うことができる。

「ファッションビジネス」に関する他の職種も
チェックしてみよう!