宝石鑑定士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

宝石鑑定士

どんな職種?

宝石の真贋や価値、美しさなどを総合的に分析するスペシャリスト

主な業務は、宝石の種類を見極めて真贋判定を行う鑑別と、グレーディング(など級格付け)作業。宝石商(店)、百貨店の宝石売り場、輸入代理店などが主な職場となる。「宝石鑑定士」の資格取得で活躍の場が広がる。また、その他の関連資格について学べる機関が国内外に多数ある。その中でもダイヤモンドの国際基準を考案した米国宝石学会が認定する「GIA-GG」という資格が有力だ。鉱石学や宝石、彫金などに興味があり、さらに細かい作業が得意ならより適性が高い。

こんな人におすすめ!

宝石の価値を見極める専門的な鑑定スキルと集中力が必要

宝石の真偽を判断する専門性の高い知識が必要な職業だ。正しい鑑定をするために天然宝石だけでなく、合成宝石に関する知識も必要だ。細かい作業を行える手先の器用さや、小さな変化も見落とさずに鑑定を行える注意力と集中力が求められる。特にダイヤモンドの鑑定で必要な「4C」の知識があり、適切に品質を評価できるスキルは重要である。

宝石鑑定士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:服飾、被服学、地学、化学、鉱学など
  3. 採用試験就職先:デパート、百貨店、宝石店、宝石メーカー、輸入代理店など
  4. 宝石鑑定士
  • Point1

    「宝石鑑定士」の資格を持っていると、自分のスキルを証明できる。4Cの鑑定スキルを高めたいのなら、米国宝石学会による「GIA-GG(米国宝石学会宝石学修了者)」の取得がおすすめだ。

  • Point2

    「GIA-GG」の資格を取得したのち、デパートの宝石売り場、宝石鑑定などで働くことができる。資格を取得する上でさまざまな知識を得ているため、あらゆる宝石関係の場所へ就職することが可能だ。

「ファッションビジネス」に関する他の職種も
チェックしてみよう!