ブリーダーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

ブリーダー

どんな職種?

犬や猫など、血統を考えながら動物の繁殖をする仕事

犬や猫などの動物のオスとメスを交配させて、血統を考えながら繁殖させるのが仕事である。ブリーダーと一口にいっても、ドッグショーで活躍するような優れた犬を産出するのを目的としたブリーダーから、商業目的で大量に繁殖させることを目的としたブリーダーまで、さまざまなタイプが存在する。ブリーダーとしての資格は特に必要ないが、実際に動物の販売・保管・貸出・訓練・展示を行う場合は、都道府県または指定都市などで「第一種動物取扱業登録」が必要となる。

こんな人におすすめ!

動物の個性や性格を見極める鋭い観察力が重要

専門的なブリーディングの知識と技術はもちろん、命を取り扱うものとしての責任感も重要である。しゃべることのできない動物の性格や個性、繁殖する際の相性を判断するため、鋭い観察力も必要とされる。生まれた動物の赤ちゃんや親の健康管理も行うことから、獣医学や品種に関する幅広い知識も求められる。

ブリーダーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、獣医学、動物看護学など
  3. 採用試験就職先:ペットショップ、ブリーダー直販サイト、農場など
  4. ブリーダー
  • Point1

    「ペット繁殖指導員」や「愛玩動物飼養管理士」「動物看護師」などの資格を取得すると仕事の幅が広がる。

  • Point2

    独立開業する場合には、動物の売買などをする際に必要な「第一種動物取扱業登録」が必要となる。

「動物・ペット」に関する他の職種も
チェックしてみよう!