システムエンジニア(SE)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

システムエンジニア(SE)

どんな職種?

システムエンジニア(SE)

利用者のニーズを分析し、コンピュータシステムを設計

コンピュータを使ったシステムを設計する仕事。交通管制システム、銀行のATM、放送システムなど内容は多岐にわたり、規模も大小さまざまである。利用者(顧客)の要望をヒアリングし、内容を分析した上でシステム設計書を作成。それを基にプログラマーがプログラムを設計する。プログラマーへの指示などプロジェクト全体の進行管理を行い、プログラムが導入された後の点検やメンテナンスも行う。常にパソコンに向かっていると思われがちだが、実際は顧客やプログラマーなど人と接することが多い。

こんな人におすすめ!

思考力や発想力、表現力のほかに対人能力も求められる

システムを設計するには、コンピュータプログラミングの知識のほかに、柔軟に物事を考え表現する力が必要である。また顧客のニーズを理解し改善点を伝えるコミュニケーション能力、プロジェクトをまとめるマネジメント能力も求められる。扱う内容が幅広いため、好奇心旺盛で新しい情報に敏感な人も向いている。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

この職種の収入は?

平均月収40.06万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省) 参照]

システムエンジニア(SE)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:数学、情報学、情報工学、通信工学など
  3. 採用試験就職先:ソフトウェア開発会社、一般企業のシステム部門など
  4. システムエンジニア(SE)
  • Point1

    情報処理技術者としての知識と技能が水準以上であることを証明する、「情報処理技術者」の資格を取得するとよい。

  • Point2

    コンピュータとプログラミングに関する知識が必要とされ、プログラマーの仕事で経験を積んだ後、システムエンジニアになる人もいる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「コンピュータ・IT」に関する他の職種も
チェックしてみよう!