アパレルメーカーで働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

アパレルメーカーで働く人

どんな職種?

アパレルメーカーで働く人

世の中を彩る最新ファッションの製造元となる会社で活躍する職種

衣料・服飾品を企画、製造するのがアパレルメーカー。完成した製品はデパート、スーパー、小売店に卸すか、自社の直営ショップで販売する。流行変化や需要を分析するマーケティング担当、どんな製品を作るのかを企画するコンセプト開発者、素材選びやアイテムデザインに携わる人がいる。他にパタンナー、ソーイングスタッフ、生産管理者など、一つの製品に多彩な職種の仕事が集約されている。全体を統括するマーチャンダイザーという職種もあり、ファッションとビジネス両面から大学や専門学校で基本を身に付けたい。

こんな人におすすめ!

情報を正しくキャッチし、自ら発信できる能力を持った人

流行のファッションをいち早く察知してセンスの良いものを取り入れる独創性だけではなく、デザイン通りに正確に作る技術力も必要。品質管理においては、素材や加工方法の知識もあることが望ましい。市場調査から顧客のニーズを分析し、商品の製作、販売、仕入れなどを効率よく、かつ戦略的に管理する力が求められる。

アパレルメーカーで働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:商学、経営学、家政学、デザイン、服飾・被服学など
  3. 採用試験就職先:総合アパレルメーカー、婦人アパレルメーカー、紳士アパレルメーカーなど
  4. アパレルメーカーで働く人
  • Point1

    メーカーは複数の部門で組織が構成されている。自分がどの部門を目指しているのかで勉強方法も変わるので、志望する部門の資格取得を目指そう。

  • Point2

    就職する前に、企業研究と販売能力や発信の能力を身に付けるため、アパレル専門店でアルバイトする人も多い。

「ファッションビジネス」に関する他の職種も
チェックしてみよう!