ジュエリーCADデザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

ジュエリーCADデザイナー

どんな職種?

CADソフトを駆使して貴金属や宝飾品のデザイン・制作を行う

主に貴金属や宝石を使った指輪やブローチなどのアクセサリーを設計する仕事。最近はCADソフトでデザイン画を描いて設計図を起こすので、従来のように手作業で原型を作るよりも精巧なデザインが可能。実際、アクセサリーメーカーやブランドのデザイン部門で働くデザイナーの多くは、CADデザイナーでもある。アクセサリーの構造と素材の知識、美的センスは必須。数多い教育機関や専門講座などで技術を学ぶとよい。企業に勤めて仕事を始める場合は、企画提案、発注業務、生産管理などのビジネススキルも重要になってくる。

こんな人におすすめ!

造形デザインと美的センスのほか、CADソフトが扱える程度のPCスキルが求められる

ジュエリーが好きで、手先が器用な人に向いている。美的センスや、ジュエリーの基礎知識はもちろんのこと、CADソフトを使ってジュエリーを設計するので、PCスキルは必須。その他発注業務、企画提案などの業務も発生する場合があるため、作業の正確さとプレゼンテーション力も必要になる。

ジュエリーCADデザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、服飾・被服学、美術など
  3. 採用試験就職先:ジュエリーメーカー、宝石貴金属店など
  4. ジュエリーCADデザイナー
  • Point1

    「ワックスジュエリー検定」「ジュエリーデザイン画検定」「シルバージュエリー検定」、「貴金属装身具製作技能士」などさまざまな資格試験があり、取得していると技術の証明になる。

  • Point2

    専門学校や通信講座などでジュエリーやCADの基本的な知識を習得し、その後ジュエリーメーカーなどに就職して実務経験を積む方法が一般的である。

「ファッションをつくる」に関する他の職種も
チェックしてみよう!