ルームサービスになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」に戻る

ルームサービス

どんな職種?

宿泊客から内線電話でドリンクやフードの注文を受けて客室に提供

まず電話で宿泊客のオーダーを確認し、料理に関するリクエスト、嫌いな食べ物はないか、届ける時間などを確認する。次にオーダーを間違いなく厨房へ連絡し、約束の時間にワゴンに乗せて客室へ運ぶ。熱い料理は冷めないうちに、迅速で丁寧なサービスが求められる。客室ではメニューの説明やワインボトルの開栓なども行う。また、電話対応をするオーダーテイカー、厨房へ指示するデシャップ、料理を運ぶランナーと役割分担しているホテルもある。「レストランサービス技能検定」「サービス接遇検定」などの資格が就職に役立つ。

こんな人におすすめ!

細やかな気配りができ、さまざまな注文にも臨機応変に対応する力

利用客の要望を具体的にくみ取り、細かな気配りができることが求められる。メニューに載っていない注文を受けるなど、臨機応変に対応する能力も必要だ。また、海外からの利用客への対応をスムーズに行うために、英語や中国語などの語学力を身に付けておくことが望ましい。

ルームサービスを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、観光学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:ホテル、旅館、民宿など
  4. ルームサービス
  • Point1

    サービス業に関する「レストランサービス技能検定」や「サービス接遇検定」などの資格を取得していると就職に有利。

  • Point2

    大学や専門学校を卒業後に、ホテル・旅館などに就職し、実務経験を積むことによって一流のルームサービスとなる。

「ホテル・ブライダル」に関する他の職種も
チェックしてみよう!