バトラーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」に戻る

バトラー

どんな職種?

バトラー

ホテルやマンション、邸宅などで主人の世話や秘書業務をする執事

バトラーの語源は、イギリスの貴族などが屋敷で雇う上級の召使いで、日本語に訳すと執事となる。雇い主の身の回りの世話や秘書的な仕事をする。日本ではまだ認知度は低いが、バトラーを置くホテルやマンション(コンシェルジュと呼ぶ場合もある)、さらに一般家庭への派遣を行う会社もある。例えば、ホテルではVIP宿泊客の細かなリクエストに応える専任者として働き、客室のアレンジ、ルームサービス、車の手配などを行う。バトラーが仕える相手は富裕層が多いので、徹底したマナー、知的な判断力、柔軟性などが必要となる。

こんな人におすすめ!

富裕層の要望に柔軟に応え、献身的な姿勢であらゆることに対応し続けられる人

富裕層の顧客を対応することが多いため、富裕層向けの対応力が必要であり、一般教養やマナーも通常より高い質が求められる。顧客の要望を真摯に受け止め実行する責任感や献身的な姿勢が重要。外国人の利用者に対応するために、英語や中国語の語学力も必須とされる。

バトラーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:教養学、語学(外国語)、語学(日本語)、観光学など
  3. 採用試験就職先:ホテル、百貨店、専門のサービス会社など
  4. バトラー
  • Point1

    外国人の利用客に対応する場合もあるため、目安としてTOEIC700点以上の取得が望ましい。一般教養やマナーを学ぶホテルや接客の経験は就職の際に有利である。

  • Point2

    バドラーになるための養成学校が英国を中心としてある。日本にはないが、観光学科で実務やマナーを学ぶことができる。

「ホテル・ブライダル」に関する他の職種も
チェックしてみよう!