動物調教師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

動物調教師

どんな職種?

動物をそれぞれの目的に応じてその動物に合った方法で訓練する

動物調教師は、動物をそれぞれの目的に応じて訓練するのが仕事である。例えば、競走馬の調教師であれば、馬の持ち主からの依頼で競走馬を訓練して、ベストの状態でレースに出場させることが目的となる。盲導犬の訓練士なら、目の不自由な人を誘導するため代わりに動けるように犬を訓練することが目的である。それぞれの動物の特性によって訓練方法は異なるが、動物の気持ちをくみ取り、不安を抱かせないように安心させてから必要な訓練を行うことが大切である。

こんな人におすすめ!

動物に対する深い愛情と責任感がある

動物調教師は動物との信頼関係が重要である。動物に対して深い愛情を持ち、しっかり世話ができる責任感のある人に適している。ショーでは動物と観客の両方を楽しませる必要があるので、細やかな気配りも要求される。

動物調教師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:観光学、コミュニケーション学、畜産学、水産学、生物学、獣医学、動物看護学など
  3. 採用試験就職先:水族館、サーカス、動物園など
  4. 動物調教師
  • Point1

    動物調教師になるための専門学校もあり、そこでしっかり動物のことを学んでおくと就職に有利になる場合もある。

  • Point2

    就職後すぐに調教師になれるわけではなく、訓練と経験が必要。他にも動物を扱った民間企業に就職して、技能を学ぶ方法がある。

「動物・ペット」に関する他の職種も
チェックしてみよう!