取材コーディネーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」に戻る

取材コーディネーター

どんな職種?

海外や国内でマスコミクルーの取材活動、移動、滞在をサポート

メディアが国内や海外で取材をする際にもろもろの手配を行う仕事。事前のリサーチ、宿泊先の予約、取材先・撮影場所へのアポイントメント、現地での交通手段の確保、空港などへの送り迎え、さらに現地スタッフの手配などを行う。取材先への交渉内容は複雑で、媒体がテレビや雑誌の取材なのか、コマーシャルなのかによっても異なる。仕事を得るにはマスコミ業界の理解、旅行手配のスキルのどちらも重要。また、海外取材専門のコーディネーターはほとんど現地在住者だ。地元情報とマスコミ事情に精通し、語学堪能な人が多い。

こんな人におすすめ!

海外現地の土地柄や特長を理解し、効率よく物事を調整する力

現地の語学の習得や海外在住経験があることが望ましい。取材をコーディネートするための土地勘があり、現地の人々や施設とのコミュニケーションが円滑に取れる人柄と効率よく物事を進める能力が必要となる。その他にも、マスコミやメディアとのリレーションや、旅行会社における添乗員のようなガイドスキルも求められることがある。

取材コーディネーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、観光学、国際文化学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:海外取材サポート会社、取材コーディネート専門会社、出版社、フリーランスなど
  4. 取材コーディネーター
  • Point1

    個人の能力を判断する際に「通訳案内士」や旅行関係のスキルを身に付けておくと有利である。また、海外での在住経験もメリットになる場合がある。

  • Point2

    出版社や専門会社の採用試験には、書類選考・翻訳などの筆記試験が行われる。各社の基準値をクリアし、研修期間を経て実務に就くことが多い。

「旅行・観光・テーマパーク」に関する他の職種も
チェックしてみよう!