トラベルコーディネーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第2弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第2弾

学問・業界・職種ガイド

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」に戻る

トラベルコーディネーター

どんな職種?

トラベルコーディネーター

旅行希望者に最適なツアーや旅程を提案・手配するプロ

旅行代理店などで、客がどの地域や国へ行って何をしたいのか、その希望を聞いて的確なプランを企画・提案する。客の目的に合うパッケージツアーやオプショナルツアーを紹介するが、自由に組み立てる個人旅行の手配も行う。その場合は、現地までの移動手段、宿泊先、観光情報の提供や予約・手配を担う。海外・国内ともに観光や地理に関する豊富な知識が重要。海外のチケット手配や宿泊予約の際には、相応の英語スキルも求められる。旅行が好きなら、一般社団法人日本旅行業協会が認定する「トラベルコーディネーター」の資格取得が早道だ。

こんな人におすすめ!

企画力、調整力で旅行者の満足を追求できる人

国内外の旅行および旅行地に対する関心と深い理解があり、魅力を多くの人々に伝達できる人に向いている。また、顧客の要望に合わせた旅行プランの企画提案力、予約手配などのトラブルにも臨機応変に対応できるホスピタリティーも必要だ。現地の旅行会社との調整や交渉ができる語学力もあることが望ましい。

トラベルコーディネーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、コミュニケーション学、観光学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:旅行関連企業など
  4. トラベルコーディネーター
  • Point1

    販売接客のプロフェッショナルとして、ビジネスマナーや旅行業界用語について知っておく必要がある。また観光地の地理や商品についての情報を集めて提供できるように知識を増やすことも重要だ。

  • Point2

    トラベルコーディネーターの資格の認定には、現在旅行関連企業で働いていること、実務経験が1年以上あることが条件。資格取得後は、独立開業をする人もいる。

「旅行・観光・テーマパーク」に関する他の職種も
チェックしてみよう!