特許審査官になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

特許審査官

どんな職種?

特許審査官

出願されたアイデアを審査し、特許や実用新案を与える仕事

国の行政機関である特許庁において、出願された発明品やアイデアを審査し、特許権を与える国家公務員。企業や個人から出願された内容が特許権を与えるにふさわしい内容かどうかを、すでに権利が与えられているものと類似していないかどうか、独創性があるかなどの観点から、過去の膨大なデータを検索した上で総合的に判断する。ひとたび特許の権利が認められると、権利者には莫大な利益がもたらされるため、特許審査官の責任は重い。日本国内のものづくりを制度面で支えている、大切な役割である。

こんな人におすすめ!

難解な内容を理解して表現する力。理系出身者には適応しやすい面も

ときには自らメーカーに足を運び、専門的な技術や知識について話を聴く場合もあるため、「聴いて理解する力」「質問する力」が求められる。審査結果は出願者に文書で伝えるため、論理的な文章が書ける能力も必須。入庁後に研修があるとはいえ、日々さまざまな技術についての知識を吸収していかなければならない。努力次第ではあるが、理系出身者の方がより適応しやすいといえるだろう。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

特許審査官を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学必要な学び:法学、工芸学など
  3. 採用試験就職先:特許庁
  4. 特許審査官
  • Point1

    特許審査官は国家公務員のため、まず「国家公務員採用総合職試験(技術職区分)」に合格し、その上で特許庁の入庁試験を受けて合格する必要がある。

  • Point2

    日本の特許を取得しようという、外国の企業や個人からの出願も取り扱う。また、審査は海外の文献も調べなくてはならず、語学力も必須要素の一つ。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「政治・法律」に関する他の職種も
チェックしてみよう!