弁護士秘書になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

弁護士秘書

どんな職種?

事務作業をテキパキこなし弁護士の仕事をバックアップ

弁護士の事務全般をサポートする秘書。働く場所が法律事務所なので、弁護士秘書と称されることもある。複数人の弁護士が在籍する事務所なら、一人で何人かを担当してスケジュール調整などもこなす。例えば、朝に弁護士と1日の予定や事務作業について打ち合わせを実施。日中は調査、資料作成、電話応対、メールの送受信、来客のもてなしなどを行う。仕事範囲は、弁護士の方針によって千差万別だが、常に求められるのはビジネスマナーだ。法務の経験が豊富で効率よく働ける人は、パラリーガルなどへスキルアップも可能だ。

こんな人におすすめ!

秘書として弁護士のきめ細やかなサポートができる人

弁護士が本来の業務に集中できるよう、きめ細やかなサポートができる人に向いている。資料の整理など庶務業務も多く、正確でスピーディーな処理が求められる。電話や来客対応などもあるため、丁寧な言葉遣いや話し方、マナーも大事なポイントになる。最低限の法律知識があることが望ましい。

弁護士秘書を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:教養学、語学(外国語)、法学、政治学など
  3. 採用試験就職先:弁護士事務所、法律事務所、法テラスなど
  4. 弁護士秘書
  • Point1

    「秘書技能検定」や「秘書能力検定」など、秘書業務に関連する資格を取得すると就職の際に有利である。

  • Point2

    法律事務所や弁護士事務所で採用されると、いくつかの弁護業務分野で実地研修を行い、その後適切な部門の秘書に配置されることが多い。

「政治・法律」に関する他の職種も
チェックしてみよう!