米国弁理士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

米国弁理士

どんな職種?

アメリカ在住で企業の特許申請の手続きができる米国国家資格

弁理士とは企業に代わって特許申請を行う仕事。世の中に出回る製品は特許権、意匠権、実用新案権、商標権という4つの権利を持つことで守られている。米国弁理士(Patent Agent)はその名の通り、米国特許商標庁(USPTO)へ出願・審判の手続きをすることができる資格だ。まずアメリカの就労ビザを取得してから受験し、働くにはさらに永住権が必要。一定期間帰国すると失効し、再度働くには審査を受ける必要がある。米国で製品を売り出す企業にとって不可欠な存在。弁理士を目指し、かつ米国で暮らしたい人には注目の職種。

こんな人におすすめ!

グローバルに求められる特許の知識と語学力が必須

特許に関する専門知識だけでなく、幅広い分野のビジネスや研究の最新情報と基礎知識を習得することが求められる。グローバルに働くには、文化や習慣、ビジネス慣習も異なる諸外国人と対峙するため、寛容性と理解力も重要。英語でのコミュニケーションスキル、特に論理的思考力とプレゼンテーション力は弁理士として働く際に重要な能力となるだろう。

米国弁理士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学必要な学び:機械工学、情報工学、環境工学など
  3. 民間資格:Patent Agent Exam
  4. 採用試験就職先:国際特許事務所、企業法務部門、弁護士事務所など
  5. 米国弁理士
  • Point1

    日本で理系の学士以上の資格を取得しておくことが必須。一定水準の英語力が求められるので、TOEICやTOEFLを受験しておくといい。

  • Point2

    大学卒業後、米国の就労ビザを取得すると、米国弁理士の受験資格が得られる。米国特許商標庁(USPTO)の「Patent Agent Exam」を受験して合格する必要がある。企業で働いた後に試験を受け、米国弁理士になるケースもある。

「政治・法律」に関する他の職種も
チェックしてみよう!