衆議院・参議院事務局員になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

衆議院・参議院事務局員

どんな職種?

衆議院・参議院事務局員

国会審議を裏方でサポートする国家公務員

衆議院・参議院での国会審議を裏方で支える国家公務員。仕事の内容は大きく3つに分かれ、会議のための資料作成や議事手続きの事務などを行う「会議運営」、議員からの依頼や議案の審査のために調査を行う「調査」、そして議員のさまざまな活動を事務面で補佐する「総務」といったもの。この他、会議の内容を速記したり、国会内の警務を担当する仕事もあり、業務内容によってそれぞれ異なる試験が設けられている。立法府の最前線の現場に立ち会うことができる稀有(けう)な職種だといえる。

こんな人におすすめ!

繊細な仕事ぶりと集中力に加えてコミュニケーション能力も不可欠

裏方ではあるが、決してデスクワークばかりをしているわけではないのが衆議院・参議院事務局員。むしろ国会審議をスムーズに進行させるために、さまざまな人々と積極的にコミュニケーションを図り、各々の意向を調整するのが実際の役割となる。同時に、法律の制定に関わる仕事だけに、決してミスが許されない場面も多々あり、繊細な仕事ぶりと集中力が求められる仕事でもある。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

衆議院・参議院事務局員を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:政治学、法学など
  3. 採用試験就職先:衆議院事務局、参議院事務局
  4. 衆議院・参議院事務局員
  • Point1

    採用試験は衆・参それぞれの事務局で行われる。試験の難易度は業務内容によって異なるが、総合職の場合は国家公務員採用試験と同等レベル。

  • Point2

    例年の採用人数は、大卒総合職で10人弱、大卒一般職で20~30人といったところ。採用倍率が100倍を超えてしまうようなこともよくある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「政治・法律」に関する他の職種も
チェックしてみよう!