国土地理院で働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

国土地理院で働く人

どんな職種?

土地、海、宇宙を高精度で測量し地形図などを作って社会貢献

国土交通省が設置する機関。日本の土地や海の緻密な測量を行って地形図を発行。全国各地で測量をするスタッフ以外に、その情報を集約して地図を作成するスタッフがいる。各国間での測量地形図作成の基準統一、南極観測、さらに宇宙測地や重力測定などを実施する国際事業参画も担っている。継続的に数値データを収集する能力は、地震発生、火山噴火予測にも役立てられているが、今日では測量だけでなく、航空撮影やGPSの技術も持ち合わせている。大学で土木、理工などを学んだ後に「国家公務員採用試験」を経て採用される。

こんな人におすすめ!

膨大な量のデータを収集・処理する高い分析能力と、調査力が必須

測量に関わる仕事ではデータの観測や分析力、地図作成に関わる仕事では情報収集力や調査力が必要になる。地道な作業を継続することができる人や、幅広い業務に適応できる柔軟性のある人が望ましい。気候変動や地理に豊富な知識を持ち、災害などから人々の暮らしを守る責任感がある人に向いているだろう。

国土地理院で働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:電気工学、土木工学、農業工学、林学、林山学、物理学など
  3. 採用試験就職先:国土地理院
  4. 国土地理院で働く人
  • Point1

    技術系の職種の場合は各分野の専門知識を学んでおくといい。必要とされるジャンルは電気、土木、農学などである。

  • Point2

    国家公務員採用一般職試験を受験し、合格後、国土地理院の定めた日時に官庁訪問を行い、採用試験を受ける必要がある。

「公務員」に関する他の職種も
チェックしてみよう!