SPになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

SP

どんな職種?

SP

要人にかすり傷一つ負わせない警察官の中の精鋭ボディーガード

SPはセキュリティーポリスの略で、警視庁の警備部警護課で働く警察官を指す。皇族や内閣総理大臣をはじめとする重要な政治家、国賓などが公の場に出る際に、ボディーガードを務める。SPになるには、まず警察官採用試験を受けて交番勤務からスタートする。体力や機敏性などが認められて警護課に配属されると、剣道や射撃などの訓練を積み重ねていく。その後、適性のある人が最終選抜される。任務に際しては、機動隊などと連携して入念に事前計画を立てるが、万一のときは身体を張って要人を守らなくてはならない、厳しい仕事である。

こんな人におすすめ!

要人を守る危機管理能力と高い使命感が求められる

有事の際は、自分自身が身を挺して内閣総理大臣などの要人を守るため、危機管理能力と瞬時の判断力が求められる。警察官としての職務への誇りと使命感だけでなく、高い身体能力があることも望ましい。

SPを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:体育学、法学、健康科学など
  3. 採用試験就職先:警視庁、日本政府など
  4. SP
  • Point1

    SPになるには、まず警察官採用試験に合格し、警察官として経験を積むことが必要だ。実地経験を積み一定の条件をクリアし上司の推薦を受けると、SP候補生としてスタートラインに立つことができる。

  • Point2

    SPになるためには、身長が173cm以上あり、柔道や剣道三段以上を保持し、拳銃射撃上級である必要がある。

「公務員」に関する他の職種も
チェックしてみよう!