公務員(一般行政職)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

公務員(一般行政職)

どんな職種?

公務員(一般行政職)

国や国民の生活を支え、公共や行政の改善を実行する

大臣や裁判官などの専門職ではなく、公務員の中でも行政事務に従事する公務員のことを指す。省庁などで働く国家公務員と、地方自治体に所属する地方公務員に大きく分けられる。国家公務員でも地方公務員でも、配属される部署によって担当する仕事が異なるが、幅広い分野で活躍することが期待される。公務員を志望するからには、所属する組織のために働くのではなく、国や地方を良くするために働くという強い意志が必要だ。

こんな人におすすめ!

社会奉仕精神があり、人のために働くことに喜びを感じる

所属する団体にもよるが、一般行政職に就いた場合は住民からの要望の他、苦情やクレームを受けることも少なくない。人の意見に耳を傾け、真摯に対応できる姿勢が必要。業務においては特定の立場に偏ることなく、関わる人々への影響を考えて、最適な解を求め続ける粘り強さが求められる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

公務員(一般行政職)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地域社会、政治学、観光学など
  3. 採用試験就職先:省庁、市役所、区役所など
  4. 公務員(一般行政職)
  • Point1

    国家公務員になるには「総合職試験」「一般職試験」「専門職試験」、不定期に行われる「経験者採用試験」のいずれかに合格し、面談後に内定を受けなければならない。

  • Point2

    地方公務員試験に合格すると、地方公務員としての就業が可能になる。各地方自治体によって、年齢制限や採用方法が異なるので要注意。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「公務員」に関する他の職種も
チェックしてみよう!