バイリンガルスタッフになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

バイリンガルスタッフ

どんな職種?

バイリンガルスタッフ

2カ国語を自在に操って事務や接客、外国人客の対応にあたる

2カ国の言語を駆使して働ける職種全般を指す。需要が高いのは英語と日本語を話せるバイリンガルスタッフで、外資系企業や国内企業、店舗などでも外国人客の増加に伴って求人が伸びている。職種の幅も広く事務、接客販売、コールセンターでの応対、ホテル業務、外国人観光客をターゲットにした各種商売に加え、子ども向け英会話指導といった分野もある。通常の日本語・外国語相互のコミュニケーション能力と翻訳・通訳技能も問われる。「英検」「TOEIC」「ビジネス通訳検定」「国際秘書検定」など、必要に応じた資格を取るとよい。

こんな人におすすめ!

語学力を生かして外資系企業で活躍することに自信がある人

日本語と外国語、両言語をビジネスで使用できる高い語学力が求められる。英語だけでなく、フランス語や中国語、ドイツ語など、現場に必要とされる言語の種類は幅広い。書類やメールも作成するため、会話能力に加え、通訳や翻訳スキルも必要だ。就職先によって対応する相手が子どもからシニアまで幅広いため、年齢に応じた対応が求められる。

バイリンガルスタッフを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:外国語、国際関係学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:外資系企業、ホテル、子ども向け英会話スクールなど
  4. バイリンガルスタッフ
  • Point1

    ビジネス英語レベルの英検準1級やTOEICなどを受験しておくと、英語力のスキル証明になるだろう。

  • Point2

    学校を卒業した後は、旅行会社やコールセンター、英語教室などさまざまだ。就職先に応じて必要なスキルが異なるため、仕事でどのように外国語を生かしたいか考えておこう。

「国際」に関する他の職種も
チェックしてみよう!