獣医師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

獣医師

どんな職種?

獣医師

動物の診療だけでなく幅広い分野で活躍する仕事

「動物のお医者さん」として知られるが、実はその活動分野は広範囲にわたる。まず、ペットや畜産動物の診療を行う臨床獣医師。次に、公務員として家畜衛生や食肉などの食品の安全を監視する活動。その他にも、大学や研究所などで獣医学の研究を行ったり、野生動物を専門とする活動をしたり、医学分野で実験動物を管理したりするなど、さまざまな分野で活躍している。そのため、勤務先も動物病院から酪農を行う牧場、あるいは空港や港の検疫所など、従事する業務によって大きく異なる。

こんな人におすすめ!

動物の生態や行動を理解する観察力と学び続ける姿勢が必要

動物が好きであることはもちろんだが、専門的な知識に基づいて動物の生態や行動を理解する観察力も必要となる。臨床獣医師の場合は、飼い主の感情や意向をくみ取れるコミュニケーション能力が欠かせない。また、他の医療分野と同様に、知識や技術は日進月歩であるため、常に学び続ける姿勢も求められることになる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

獣医師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学(獣医学科)必要な学び:獣医学、動物看護学、畜産学など
  3. 国家資格:獣医師
  4. 採用試験就職先:動物病院、家畜保健衛生所、農業協同組合、動物園など
  5. 獣医師
  • Point1

    獣医師になるためには、獣医学科で学び、獣医師国家試験に合格することが必須。獣医学の基礎・応用・臨床を6年間をかけて学びながら、目指す方向を定める。

  • Point2

    動物の診療以外にもさまざまな分野で活躍する獣医師。魚病の防疫のために水産分野と連携したり、発展途上国での家畜の健康管理を指導する仕事もある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「動物・ペット」に関する他の職種も
チェックしてみよう!