不動産企画開発に関する職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ビジネス・経営」に戻る

不動産企画開発に関する職業

どんな職種?

土地に新たな物件をつくり人を集め、生まれ変わらせる仕事

駅前再開発や主に郊外での戸建ての分譲、遊休地利用、古い建物を新たなビルに建て直したりするなど、不動産の幅広い開発業務を行う。土地の潜在的な有効活用性を見つめ直し、新たな付加価値を持つ不動産を築き上げていく仕事だ。人口、駅の乗降客数、立地条件、用途地域などを分析し、次にどのような建物を建てれば収益につながるのかを調査してから開発が始まる。不動産デベロッパー、ハウスメーカーなどに勤務するケースが多く「不動産鑑定士」「宅地建物取引士」などの資格があれば役立つといえる。

こんな人におすすめ!

いち早く情報をつかむ情報収集能力と大きなプロジェクトにつなげる企画力が必要

いち早く開発用地を取得できる情報収集力が必要である。また時代背景やマーケティング調査により、ニーズに合ったプランを立案するための計画性が求められる。未開発の地をいかに盛り上げ、大きなプロジェクトを獲得できるかが業績につながる。そのため、土地の価値を先読みするセンスと企画力も重要だ。

不動産企画開発に関する職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地域社会、ビジネス学、建築学、意匠など
  3. 採用試験就職先:建設会社、不動産デベロッパー、不動産開発会社など
  4. 不動産企画開発に関する職業
  • Point1

    民間の認定資格である「不動産鑑定士」や「宅地建物取引士」の資格を取得しておくと、就職の際に有利となる場合がある。

  • Point2

    就職後は研修を行う企業が多い。不動産に関する資格取得を目的とした研修や勉強会を開催している企業もあり、資格を取得すると給与に手当がつくこともある。

「金融・不動産」に関する他の職種も
チェックしてみよう!