金融業界で働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ビジネス・経営」に戻る

金融業界で働く人

どんな職種?

金融業界で働く人

お金を集めて運用・回収・配分。職場は銀行や保険・証券会社

社会はお金が循環することで円滑に動いており、私たちも預金や投資、保険への加入などによって経済活動の一端に参加していることが一般的だ。金融業界とは、いわば、お金を動かすことで利益を生み出す業種の集合体だ。多額の預金残高を誇り全国的に展開する都市銀行をはじめ、地域の中小企業や商店に特化した信用金庫、預金を集めずに融資を専業とするノンバンク、消費者金融、各種リース業、有価証券を扱う証券会社、保険会社など多様な金融機関がある。今後は、いっそう国際感覚も求められ、活躍の場は広がる見通しだ。

こんな人におすすめ!

幅広い金融に関する知識や物事を先読みする力が必要

為替や株、保険、ローンなどに関する幅広い知識が必要な職種だ。また、日本国内だけではなく、世界各国の政治や経済などを把握しておくことが求められる。世の中のトレンドに敏感であることや物事を先読みする力、マーケティング力なども必要だ。依頼主や会社のお金を扱う職種であり、ミスなく正確に仕事をこなせることも重要である。

金融業界で働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経済学、経営学、金融学など
  3. 採用試験就職先:官庁、企業、小売業など
  4. 金融業界で働く人
  • Point1

    金融の歴史や仕組み、日本情勢、世界情勢など幅広い分野の基礎知識を在学中に学んでおこう。

  • Point2

    「生命保険販売」資格や「証券外務員」資格、「損害保険募集人」資格など就職先によって求められる資格が異なるため、事前に確認しておくといいだろう。

「金融・不動産」に関する他の職種も
チェックしてみよう!