国際会計士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ビジネス・経営」に戻る

国際会計士

どんな職種?

英語で会計業務をこなす海外ビジネスのキーパーソン

英文で経営に関わる書類を作成する職種。例えば、見積書や決算書、税務申告書などを海外で通用する書式で作ることが求められる。近年、海外と取引のある企業、外資系企業、海外に事業所を置く企業などが増えている。ビジネスのグローバル化が進む中で、需要の高い職種といえる。資格としては、英語を網羅するアメリカ各州公認の「米国公認会計士(U.S.CPA)」「国際会計検定(BATIC)」といったものが挙げられる。外国で働く場合は、ネイティブ並みの英語力が求められるので、語学力はしっかりと磨いておきたい。

こんな人におすすめ!

慎重さときちょうめんさ、語学力も必要

会社の経営に関わる重要な書類を作成するとともに、決済書や税に関する正確な計算力が求められるため、業務に対する慎重さときちょうめんさを兼ね備えている人が望まれる。日本国内だけでなく、外資系企業などともやりとりをするため、英語などの語学力も身に付ける必要がある。書類の書式についても、海外でも通用する内容が必要なので、国際社会に関心を持っていることが望ましい。

国際会計士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:国際関係学、経営学、経済学、語学(外国語)、ビジネス学など
  3. 採用試験就職先:外資系企業、一般企業の経理部、保険会社など
  4. 国際会計士
  • Point1

    「米国公認会計士」「国際会計検定」を取得していると知識の証明となり有利だろう。会計士に欠かせない簿記検定や外国語に関する資格、コンピューターに関する資格も取得しておきたい。

  • Point2

    企業に属して働く場合が多い。就職後、会計士としてのレベルを把握するため商工会議所が認定する、英文簿記と国際会計の試験を行うことがある。

「金融・不動産」に関する他の職種も
チェックしてみよう!