為替ディーラーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「ビジネス・経営」に戻る

為替ディーラー

どんな職種?

外国為替相場の変動を把握し顧客に代わって通貨取引を行う

ドルやユーロなどの外国の通貨を、売ったり買ったりして差額で利益を生み出すのが為替取引であり、FXとも呼ばれる。顧客から託された外貨を代理で売買するのが為替ディーラーの仕事だ。職場は主に銀行や証券会社となり、取引行為そのものはコンピューターを介して進めていくが、為替相場は24時間めまぐるしく変動し、タイミングを逃すと大きな損失につながる。したがって為替の知識と取引経験、判断力が求められる。世界各国の金融のみならず政情にもアンテナを張り巡らせ、海外のディーラーとも情報交換をすることも重要となる。

こんな人におすすめ!

変化に対し瞬時に対応できる冷静な判断能力

世界の為替の動きを大局的に見つつも、わずかな変化を感じ取り、スピード感を持って仕事をする力と、タイミングを見極める力が重要だ。相場が変動している間はディーリング(証券の売買を行うこと)のタイミングを見逃さない集中力が必要だ。世界情勢に関する情報に敏感であることも重要である。

為替ディーラーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経済学、金融学、ビジネス学、経営学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:銀行、証券会社、保険会社など
  4. 為替ディーラー
  • Point1

    大卒以上の学歴が求められることが多い。日頃から世界情勢や政治の動きに興味を持ち、情報収集するクセを付けることが大切。

  • Point2

    証券会社や銀行などの採用試験を受け入社し、ディーリングを行う部署へ希望を出し配属が決定すればディーラー業務が行えるようになる。

「金融・不動産」に関する他の職種も
チェックしてみよう!