暗号作成者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「ビジネス・経営」に戻る

暗号作成者

どんな職種?

秘密情報を守るための難解な暗号を作成する

重要な取引情報や個人情報などを保護するため、外部から解読されない暗号を作成するのが仕事。主に通信サービス上の暗号システムの開発や、プログラムの安全性の検証などを行う。難解な暗号を作成するためには、数学や情報理論、言語学などの優れた学問の知識を身に付けておく必要がある。また、現代ではコンピューターを使った暗号開発が一般的なので、エンジニアとしての技術も欠かせない。勤務先は大学や企業の研究所であることが多い。解読不可能な暗号を生み出すための発想力と向上心が常に求められる仕事だ。

こんな人におすすめ!

暗号化のスキルと守秘義務を全うする責任感がある人

解読されないような高度な暗号を作成するため、数学やコンピューター科学に関する高い知識が要求される。ファイルを破損しないよう、安全に暗号化する専門的なスキルやきちょうめんさ、注意力なども必要だ。情報を管理する立場にあるので、その重要性を認識して業務にあたる責任感や守秘義務を全うできる誠実さも重要である。

暗号作成者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・大学院必要な学び:数学、物理学、心理学など
  3. 採用試験就職先:IT企業、研究所、フリーランスなど
  4. 暗号作成者
  • Point1

    コンピューター上でシステムを開発するので、エンジニアに関する技術や知識も必要。仕事上利用する資料などは英語が多用されているので、英語も勉強しておきたい。

  • Point2

    暗号作成は数学や物理学を究めてから始まるので、大学院で修士課程や博士課程まで取得することになる。情報処理技術やセキュリティー技術の経験を問う企業もある。

「ビジネス・経営」に関する他の職種も
チェックしてみよう!