スポーツ用品メーカーで働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツ用品メーカーで働く人

どんな職種?

スポーツ用品メーカーで働く人

スポーツ用品の企画から販売までを手掛ける

スポーツ用品のメーカーで、スポーツを支えるさまざまな用具の企画、デザイン、販売を行う仕事。一般ユーザーに向けた店頭販売品から、学校を中心とした法人向けの品、世界的に活躍するトップアスリートからオーダー品まで、さまざまなスポーツ用品と関わる。企画したものを形にするクリエーティブな仕事であるため、ものづくりが好きな人に向いている。また、スポーツに密接する専門的な業務が多いことも特徴なので、スポーツに関する専門知識を持つ人だとなお望ましい。

こんな人におすすめ!

スポーツに興味があり、新しいものを生み出す発想力が求められる

スポーツに関する知識は重要になってくる。その他にも経理や物流、広報、プロモーション活動とスポーツ用品の生産以外にも職種がありスポーツに通じる広い能力が必要である。また、新しい商品を開発する場合は、デザイン力も求められる。

スポーツ用品メーカーで働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経営学、商学、ビジネス学、スポーツ学、デザインなど
  3. 採用試験就職先:スポーツ用品メーカー、メーカー代理店、ゴルフ用品メーカーなど
  4. スポーツ用品メーカーで働く人
  • Point1

    スポーツ用品を研究・開発するにあたり、細かな情報が反映できるスポーツ知識が重要。スポーツ経験者は大いに能力を生かすことのできる仕事である。

  • Point2

    各企業の面接、適性検査、筆記試験などが行われ採用となる。学部や学科の指定を持たない企業が多い。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!