スポーツのチームや組織で働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツのチームや組織で働く人

どんな職種?

スポーツのチームや組織で働く人

チームの運営面・人事面を多角的にサポート

野球やサッカーなど、スポーツ選手が所属するクラブチームの運営に携わる仕事。広報活動やスポンサーの開拓、選手の契約の管理、経理など、業務内容は幅広い。新たな有力選手の入団交渉や、所属選手に対する処遇の変更など、チームの人事面もサポート。また、サポーターやファンの来場数を増やすために、集客方法を考案することもある。クラブチームを運営する企業に就職するケースが一般的。必要な資格はないが、スポーツが好きで、チームや選手に愛着を持って業務と向き合える人に向いている。

こんな人におすすめ!

スポーツチームの裏方として支えるサポート能力

運営するチームを裏側から支え、スポーツ選手等を管理する能力が必要だ。自分の適所で能力を発揮し、チーム運営のために集客や選手のバックアップ等を自ら進んで行う積極性が生かされる職種である。また、プロモーターとしても活躍する場があり、マーケティングやビジネス等を学んでおいてもいいだろう。

スポーツのチームや組織で働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経営学、ビジネス学、スポーツ学、栄養学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:プロ野球球団運営会社、プロサッカー球団運営会社、プロラグビー球団運営会社、一般企業など
  4. スポーツのチームや組織で働く人
  • Point1

    例えば、スポーツ団体を取り扱っている企業が募集する通訳は、日常会話以上のスポーツ専門用語などを話す能力が必要だ。また英語圏以外のスペイン語や中国語等の語学もできれば有利である。

  • Point2

    業務内容にもよるが、企業が行う募集からエントリーを行い試験・面接をへて採用となり、研修が行われる。また、個人で契約することもある。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!