エクステリアデザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「建築・土木・インテリア」に戻る

エクステリアデザイナー

どんな職種?

住居の外空間の企画・デザインを請け負う仕事

建物の外側全体のデザインを行うのがエクステリアデザイナーの仕事。庭や外壁、玄関など室内以外の敷地内全般を担当する。デザインするにあたっては、建物の外壁などだけでなく、差し込む光などを利用して空間をデザインするなどアイデア、創造性が求められる。ガーデニングの知識も必要で、庭の素材選定などのため造園の知識が必要となる。「エクステリアプランナー」「造園施工管理技士」「カラーコーディネーター」などの資格があると、顧客の信頼性も高まるだろう。

こんな人におすすめ!

お客様の要望をキャッチし、イメージ通りの外観をつくり出すデザインセンスが重要

お客様の希望に応じて建物の周辺の外観をデザインしていくため、イメージから具体的な形をつくり出すデザイン力のある人や、顧客からニーズを聞き出すコミュニケーション能力の高い人が求められる。造園の知識も必要なので花や植物が好きな人やカラーやインテリアの流行に敏感な人にもおすすめである。

エクステリアデザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:建築学・意匠、インテリア、農学、土木学、住居学、デザイン、美術など
  3. 採用試験就職先:エクステリアメーカー、デザイン・設計事務所、住宅関連企業、造園会社など
  4. エクステリアデザイナー
  • Point1

    エクステリアの公的資格である「エクステリアプランナー」や造園の知識が得られる「造園施工管理技士」、ほかにも「カラーコーディネーター」などの資格を取得すると技術の証明になる。

  • Point2

    エクステリアデザインや造園・ガーデニング知識などを身に付けたのち、住宅メーカー・設計事務所などでエクステリアデザイナーとしての実践を積んでいく。

「インテリア」に関する他の職種も
チェックしてみよう!