スポーツ雑誌編集者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツ雑誌編集者

どんな職種?

スポーツ雑誌編集者

スポーツ好きの読者の興味を引く雑誌を制作する

スポーツ専門誌の編集をする仕事。誌面のコンテンツや構成を考え、取材・執筆を行う。試合の見どころや結果、選手のインタビューや対談、競技のルールや上達方法など、取り上げる題材は雑誌のコンセプトや企画によって異なる。業界の動きや読者のニーズにマッチした誌面を作るための企画力が問われる。また、主な取材対象者となるスポーツ選手やチーム関係者だけでなく、ライターやデザイナーなどと協力しながら誌面を形にしていくため、協調性やコミュニケーション能力も必要だ。

こんな人におすすめ!

業界動向などの情報収集力と読者のニーズを捉えた企画力が重要

スポーツ選手以外に、ライターやカメラマン・デザイナーなどと頻繁に連絡を取りながら進める必要があるため、企画を円滑に進行できる進行管理能力が求められる。雑誌を総合的に管理するための業界動向のキャッチアップの速さと、読者のニーズを正確に捉えた誌面を作るための企画力も重要である。また、試合の内容を分かりやすく解説したり、選手へのインタビューなども行うため、各スポーツに対する深い造詣が必要だ。

スポーツ雑誌編集者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、ビジネス学、メディア学、スポーツ学、語学など
  3. 採用試験就職先:出版社、ウェブサイト制作会社、編集プロダクションなど
  4. スポーツ雑誌編集者
  • Point1

    Webに記事を掲載する場合もあるため、紙媒体だけでなくWeb媒体の知識や特徴、編集スキルがあると活躍の場が広がるだろう。

  • Point2

    出版社や編集プロダクションで経験を積んだ後に、フリーランスになる道もある。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!