スポーツライターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツライター

どんな職種?

あらゆるスポーツの見どころや結果を記事にする

野球やサッカー、水泳、ゴルフなど、あらゆるスポーツに関する記事を書く仕事。出版社や新聞社などが主な勤務先となり、フリーランスで活躍する人もいる。試合会場に足を運んだり、選手やチームを取材したりし、試合の経過や結果、見どころを伝える。選手の状態や試合背景などさまざまな要素を取り入れ、自分なりの視点で考察・分析する力も必要だ。正確な文章が書けることはもちろん、スポーツに関する知識や経験も求められる。また、試合中の選手とともに動き回ることもあるので、体力づくりも欠かせないだろう。

こんな人におすすめ!

スポーツへの強い関心と臨場感あふれる文章を書く表現力が求められる

幅広いスポーツの知識を身に付け、現場で行われた試合を臨場感あふれる文章で表現する能力が求められる。選手の取材をする際にもさまざまな角度から質問を瞬時に考え、巧みに言葉を引き出すことも重要である。読者が気になる内容を選手・チーム関係者から聞き出し、文章に表現できるかが重要であるため、スポーツへの強い関心と読者としての目線を兼ね備えた人物が適している。

スポーツライターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、ビジネス学、メディア学、スポーツ学、語学など
  3. 採用試験就職先:新聞社、スポーツ専門新聞・雑誌社、フリーランスなど
  4. スポーツライター
  • Point1

    メジャースポーツからマイナースポーツまで幅広い種類のスポーツを取材対象とするので、プロ・アマチュアを問わずスポーツ経験があることが望ましい。

  • Point2

    スポーツ選手のメンタルや身体の維持なども知識としてプラスしておくと文章にも幅がでるため、精神学や身体のメカニズムなども学ぶことが望ましい。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!