スポーツジャーナリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツジャーナリスト

どんな職種?

スポーツ全般の情報を分かりやすく魅力的に伝える

新聞や雑誌・インターネットなどの媒体に掲載するための、スポーツ記事を書く仕事。正確で伝わりやすい文章が書けることはもちろん、競技や選手の面白さを引き出す取材力も重要だ。また、選手やチームに関するデータの収集や、試合結果の予測・分析をすることもある。職場は主に新聞社や出版社など。フリーランスとして活躍する人もいて、競技経験者が引退後に転身するケースも珍しくはない。経験を積む中で知名度が上がれば、スポーツ大会などのコメンテーターとして活躍することも。

こんな人におすすめ!

自分の言葉でスポーツに関する事実を世の中に広く発信する行動力

さまざまなスポーツに興味があり、スポーツ自体の魅力や選手個人の情報を発信する行動力が必要だ。自分がリサーチ・取材して執筆した文章でスポーツ競技または選手やチームの魅力を伝えるので、文章力や、新しい情報を収集する好奇心が重要である。海外のチーム取材なども多く、フットワークの軽さが求められる。報道次第では選手やチームの評判を左右するため、物事の真意を見分ける洞察力も必要である。

スポーツジャーナリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、ビジネス学、メディア学、スポーツ学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:テレビ番組制作会社、雑誌出版社、マスコミ関連企業など
  4. スポーツジャーナリスト
  • Point1

    スポーツ経営学、スポーツジャーナリズムなどを専攻しておくと就職に有利になる場合がある。競技経験者出身も多い。

  • Point2

    雑誌出版社や新聞社などの編集ライターとして文章力を磨き、そこからスポーツジャーナリストへ転身する場合もある。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!