スポーツプログラマーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツプログラマー

どんな職種?

運動の指導や体力づくりに関してアドバイザーとして活躍

地域のスポーツクラブや、民間のスポーツ教室などで、トレーニングの指導や健康維持に関する相談に応じる仕事。ボランティアとして活動する人もいるが、スポーツ科学、スポーツ医学などの専門知識に基づき、プロのアドバイザーとして活躍する人もいる。一人ひとりの年齢や性別、体質に合わせて、適切な運動メニューを作成し、体力づくりの方法やマシンの使い方などについて指導する。スポーツの知識が豊富なことはもちろんだが、さまざまな人々の悩みについて、親身になって考えることができる人が向いている。

こんな人におすすめ!

一人ひとりに合った運動に関するアドバイスと指導力が求められる

相手の年齢や体調、身体的特徴を捉え、一人ひとりに合った適切な運動法を設計する計画力と指導力が必要となる。運動メニューを作成したり、マシンを使ったエクササイズの指導を行うためのスポーツ科学やヘルスケアに関する知識が求められる。昨今では、高齢者を相手に健康促進を目的としたアドバイスをする能力もますます重要になってきている。

スポーツプログラマーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:スポーツ学、コミュニケーション学、メディア学など
  3. 採用試験就職先:スポーツクラブ、地域の公共スポーツ施設、フィットネスクラブなど
  4. スポーツプログラマー
  • Point1

    「スポーツプログラマー」の資格には1種と2種がある。「健康運動指導士」の資格を持っておくと専門科目の一部科目が免除になる。

  • Point2

    スポーツプログラマーの資格を取得すると就職の際、有利になる場合がある。就職してから資格試験を受験することも可能だ。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!