スカウトになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スカウト

どんな職種?

有望なスポーツ選手を発掘しチームのために人材を補強する

有望なスポーツ選手を見つけ出し、自分のチームに勧誘する仕事。さまざまな情報網を駆使し、日本全国の高校や大学、企業、時には海外にまで足を運び人材発掘を行う。今のチームの戦力状況を把握し、どういう人材を補強するとチームがより良くなるかを考える。プロ野球においては、新人選手への入団交渉権を各球団に振り分けるドラフト会議が行われるため、他球団と駆け引きする力も求められる。新人選手の才能を見極め、アスリートたちに夢をかなえる機会を提供する役割を担う。

こんな人におすすめ!

有望な選手を発掘する確かな彗眼と人脈づくりに欠かせない信頼できる人柄が必要

必要な素質は、できるだけ多くの選手を見て、選手がどのような成長を遂げたかをしっかりと記憶できるかどうかだ。スカウトの対象は全国なので、有望な選手が現れたときに自分に連絡してもらえるよう、各地の有力者とつながる人脈づくりも重要な要素になる。スカウトの対象が決まると入団に向けて説得するので、信頼されるような人柄も必要。

スカウトを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、スポーツ学、心理学など
  3. 採用試験就職先:各区企業や団体のスカウト部署など
  4. スカウト
  • Point1

    スカウトする際に役立つので、スポーツについての基礎知識は勉強しておいた方がいいだろう。

  • Point2

    所属していたチーム(野球でいえば球団)などで元選手として活躍していた人が仕事に携わることが多い。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!