アウトドアスポーツ・インストラクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

アウトドアスポーツ・インストラクター

どんな職種?

大自然の中でスポーツを楽しむための指導をする

カヤック、クライミング、クロスカントリースキー、ノルディックウォーキング、マウンテンバイク、バスフィッシングなど、さまざまなアウトドアスポーツの指導にあたる。健康維持のための日常的なレクリエーションから、アクティブな競技種目まで、屋外でのさまざまなスポーツに対応。自然体験活動推進協議会による指導者の資格のほか、個々の種目におけるインストラクターの資格はあるが、統一的なものはほとんどない。アウトドアのツアーやイベントに関連する会社や、自然体験施設などでの活躍が主となる。

こんな人におすすめ!

アウトドアスポーツの魅力を伝える話術とスポーツに関する基礎知識が重要

日頃からアクティブな活動が好きで、自然と触れ合う機会の多い人におすすめの職業だ。数多くのアウトドアスポーツに触れ、人々にスポーツの魅力や感動を伝えられる能力が求められる。また、自らもスポーツに取り組む必要がある。スポーツ系の学校で指導に関する知識や技術を習得しているといいだろう。また、けがや事故が起きないように見守ることや慎重になることも求められる。

アウトドアスポーツ・インストラクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:体育学、スポーツ学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:アウトドアツアー会社、アウトドアメーカー、自然体験施設など
  4. アウトドアスポーツ・インストラクター
  • Point1

    体力をしっかりとつけておく。タフな身体が資本となる職業なので、筋力・体力ともに向上させる努力をしておくと、就職後の筋力維持にも役立つ。

  • Point2

    資格取得後、希望の企業や自然体験施設へ就職活動を行う。健康運動実践指導者など、他にも仕事に役立つ資格取得も視野に入れておくと就職の幅が広がることがある。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!