ウォーキングインストラクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

ウォーキングインストラクター

どんな職種?

健康や美容につながる正しく美しい歩き方を指導

正しいウォーキング法を教える指導者。身体の骨格構造やウォーキング理論、TPOに応じたシーン別のウォーキング法、身体のゆがみを改善するストレッチ法などの知識を生かし、指導にあたる。歩く楽しさと健康・美容につながる喜びを伝える仕事。関連する資格として、NPO法人日本ウォーキングセラピスト協会が認定する「ウォーキングインストラクター」や、一般社団法人日本姿勢と歩き方協会による「ウォーキング技能検定」など複数ある。特定団体や個人でメソッドを確立し、ウォーキングスタイリストとして講演や執筆までも手掛けるケースもある。

こんな人におすすめ!

一定のスポーツ能力と柔軟な対応が必要

正しいウォーキングについての知識を身に付けており、指導はもちろん、生徒のモチベーションを上げることができる取り組み方を考えたり、生徒一人ひとりに合わせた柔軟な対応が必要である。さらに一定のスポーツ能力があり、身体のゆがみや体力不足などを改善するため、身体の仕組みやストレッチ、関連知識が豊富な方に向いている職業だ。

ウォーキングインストラクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、リハビリテーション・作業療法・理学療法、鍼灸・柔道整復学、体育学、スポーツ学など
  3. 採用試験就職先:スポーツジム、モデルなどの育成教室、ダンススタジオなど
  4. ウォーキングインストラクター
  • Point1

    ウォーキングインストラクターの関連資格は1つではなく、NPO法人日本ウォーキングセラピスト協会、一般社団法人日本姿勢と歩き方協会、公益財団法人日本健康スポーツ連盟など複数ある。

  • Point2

    口コミや著名人の発言などがきっかけとなり、人気が出れば独立することも可能。独立後はイベントやセミナーの講師をしたり、自分で教室を開きレッスンをするといった働き方がある。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!