メディカルスタッフになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

メディカルスタッフ

どんな職種?

メディカルスタッフ

スポーツ選手の健康管理や整体などに携わる

医学的な立場からスポーツ選手をサポート。事故やけがを予防しながら、コーチや医師と連携してトレーニングに携わる。一流選手と個人で契約するほか、プロチームに所属したりトレーナー会社から派遣されたりする人もいる。関連する資格として、公益財団法人日本体育協会が認定する「アスレティックトレーナー」のほか、トレーナーに必須となる「はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」「理学療法士」「管理栄養士」などの資格がある。これらの保持者がチームの一員として、個々の選手に合ったサポートをする。

こんな人におすすめ!

コミュニケーションを通じてコンディションを見抜き、的確にアドバイスができる力が必要

スポーツ選手の健康面、栄養面、衛生面をスポーツ科学や医療の観点からアドバイスできる能力が必須となる。選手とコミュニケーションをしっかり取りながら、体のコンディションやメンタル面を見抜く力が必要だ。アスリートのコンディション変化を見逃さない集中力・注意力が求められる。

メディカルスタッフを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、リハビリテーション・作業療法・理学療法、鍼灸・柔道整復学、体育学、スポーツ学など
  3. 採用試験就職先:スポーツ施設、スポーツ団体、スポーツ整形外科など
  4. メディカルスタッフ
  • Point1

    健康面・栄養面からも選手をサポートするため、「スポーツ栄養士」や「管理栄養士」の資格を取っていると就職に有利。その他、「理学療法士」などの資格も取得しておくと、違ったフィールドからサポートできる。

  • Point2

    体育系の大学や専門学校で専門の知識を身に付けたのち、スポーツ整形外科やクリニックなどに就職する人が多い。プロのスポーツ団体に所属する場合もある。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!