フリースクールで働く人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「教育」に戻る

フリースクールで働く人

どんな職種?

主に不登校や登校拒否の子どもの学習や活動を支援

フリースクールとは、国によって概念は異なるが、日本では不登校や登校拒否の児童や生徒を対象に、学習や交流活動をサポートする施設を指す。2001年にNPO法人フリースクール全国ネットワークが結成され、全国各地のスクールが加盟。これらの学校で教員として働くためには、学習指導能力に加えて、軽度の発達障害児なども含めたあらゆる個性を持った子どもや、その親とコミュニケーションする力が求められる。教育の多様化に応えるという社会貢献ができる職場ではあるが、そこで働く人はボランティアが多いのが現状だ。

こんな人におすすめ!

子どもたちの未来を考え、親身になって心のケアと成長支援ができる献身性

目の前の子どもたちを元気にできる人格はもちろんのこと、保護者や学校、教育委員会との調整などコミュニケーション力が求められる。子どもたちの心のケアを行う仕事だが、まずはスクールが子どもたちの居場所となるよう、親身になって接することが重要である。子どものこれまでの教育環境を理解した上で、成長支援に取り組む献身的な姿勢が望ましい。

フリースクールで働く人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:教育学、教員養成、児童学など
  3. 採用試験就職先:NPO法人、学校補助施設、学習塾など
  4. フリースクールで働く人
  • Point1

    教員免許取得者が優遇される場合がある。英会話、ピアノ、パソコンなど、得意な分野のスキルや資格を持っていると就職に有利だろう。

  • Point2

    正規雇用の求人は少なく、ボランティアが一般的だ。ボランティアとして経験を積んだ後に、正社員で就職することもある。

「学校・教育」に関する他の職種も
チェックしてみよう!