スクール講師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「教育」に戻る

スクール講師

どんな職種?

さまざまな講座や教室で仕事や趣味の分野を教える先生

市民講座やカルチャースクール、子どもの稽古ごとの教室などで、指導を行う仕事。個人で開業し、自宅で教室を開くケースもある。講師としての免許は不要。資格取得対策やビジネス、語学、教養、パソコン、スポーツ、音楽、料理、手芸やクラフトなどの各種ホビー、さまざまな分野における専門知識や技術を生かし、受講者に指導する。専門能力の高さが求められる一方で、指導者としての人間性も問われる。話術に優れ、受講者の立場に立って親身に指導できる人は、人気講師として親しまれる。

こんな人におすすめ!

得意分野の知識と技術に優れ、親身になって指導ができる力

得意な分野において、実績や専門知識と技術が求められる。民間企業やNPOなどさまざまな環境で積んだ経験とスキルを自分の言葉で整理し、教える力が必要。指導者として生徒からの信頼度や人間性も重要視される。伝わりやすい話し方や丁寧な言葉遣い、人をひきつけるオーラがあるとなおよい。

スクール講師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:語学、教育学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:カルチャーセンター、専門学校、個人開業など
  4. スクール講師
  • Point1

    自分が得意とする分野において取得しておく方が有利な経歴や資格がある場合は、事前に取得しておくことが望ましい。

  • Point2

    カルチャーセンターで講座を開講するには、面接や試験を受けるのが一般的。専門分野において個人でスクールを開業することも可能である。

「学校・教育」に関する他の職種も
チェックしてみよう!