専門学校教員になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「教育」に戻る

専門学校教員

どんな職種?

自身の専門性を生かして社会で即戦力となる人材を育成

専門学校で、自身が持つ専門分野の知識や技術を生かし、生徒を指導する仕事。担当分野によって知識や技術は異なるが、高度な専門性が求められる。教科を教えるほか、教務や広報、進路指導などを担当する場合もある。専門学校とは学校教育法に基づいて設立され、都道府県の認可を受けた学校。仕事の即戦力となる人材を育てるため、実践的な教育を行っている学校が多い。高校を卒業した人が入学するのが一般的だが、近年では生涯学習の場としての役割も強まり、大学や短大を卒業した後に入学する人も増えている。

こんな人におすすめ!

生徒一人ひとりに合った適切な指導力

一度民間企業などに就職をして、その分野の経験を積んでおくことが必要である。ただ、教科を教えるだけでなく、実際の現場の声を伝えることができるのがポイントで、親身になって生徒を全力でサポートできる人におすすめだ。年齢や経験なども違う生徒一人ひとりに合った適切な指導ができるような指導力があることが望ましい。

専門学校教員を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、教育学、教員養成など
  3. 採用試験就職先:各専門学校
  4. 専門学校教員
  • Point1

    各専門分野に就職するにあたって、必要な資格や知識を身に付けておく必要がある。その後に実際に働いて経験を積むことが不可欠だ。

  • Point2

    各専門分野でまずは経験を積み、人に指導できる知識や技術などの力を身に付けた後に、専門学校教員として働くことが可能だ。

「学校・教育」に関する他の職種も
チェックしてみよう!