予備校講師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「教育」に戻る

予備校講師

どんな職種?

受験合格を目指して生徒たちの学力を上げる

主に大学の受験合格を目標とした予備校で指導をする仕事。専任教員から時間講師まで、就業形態はさまざま。専門とする科目の授業を受け持ち、講義や採点を行うほか、過去の入試問題に基づいて受験対策を立て、生徒たちを合格できるレベルへと引き上げるための指導を行う。教職員の免許は特に必要ではないが、大学卒業程度の知識は求められる。まれに講師として人気が出た場合には、受験参考書や勉強法の書籍を執筆したり、名物講師としてマスメディアで注目を浴びたりするケースもある。

こんな人におすすめ!

生徒の立場に立って考え、大学入試合格へと導く指導力

大学入試レベルの学力や知識を身に付けていることを基本とし、難解な問題も分かりやすく解説する指導力が必要である。個別指導を行う予備校では、生徒に寄り添いどんな問題を苦手としているのか見極め解説するなど、きめ細かな対応が求められる。

この職種の収入は?

平均月収28.08万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)個人教師、塾・予備校講師 参照]

予備校講師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:教育学、語学(外国語)、数学など
  3. 採用試験就職先:予備校、大学専門予備校、塾など
  4. 予備校講師
  • Point1

    指導方法を身に付けるため、アルバイトで実績を積んでおくのも一つの方法だ。

  • Point2

    希望する予備校の採用試験を受験する必要がある。大学入試レベルの試験で学力を見られることが多い。アルバイトでの指導経験があれば、優遇されることもある。

「学校・教育」に関する他の職種も
チェックしてみよう!