醸造家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

醸造家

どんな職種?

微生物の発酵作用を用いて食品や酒を造る専門家

微生物の発酵作用を応用して、酒や食品を造る人の総称。ワイン、ビール、清酒、しょうゆ、みそ、みりん、チーズなど、その種類はさまざま。また、醸造に用いる酵素やこうじの種類や技術もさまざまである。醸造家になるには、生物学や化学の知識があった方が有利。大学の醸造学科や化学系の学科を卒業した後、酒造メーカーや食品メーカー、ワイナリー、ブルワリーなどに就職して経験を積み、一人前になっていくのが一般的である。生物の力を借りて発酵、貯蔵といった長い過程を経て製品にしていくため、根気や観察力が必要だ。

こんな人におすすめ!

醸造の過程の小さな変化に気付く観察力と研究意欲

醸造は微生物による発酵作用を利用して行うため、わずかな変化を見逃さない観察力と集中力が必要である。また、食品製造などの場合は、一つの製品を完成させるまでに試行錯誤を繰り返す、粘り強さと研究熱心な姿勢が必要だ。ワインや日本酒、乳製品、調味料など、酒類や食品を多く扱うので、研ぎ澄まされた味覚も必要といえるだろう。

醸造家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:農学、農業工学、農芸化学など
  3. 採用試験就職先:食品メーカー、酒造メーカー、醸造研究機関など
  4. 醸造家
  • Point1

    醸造の専門知識を習得しておくと就職の際に有利となる場合がある。生物の力を借りて発酵をするため、在学中に生物学や化学を学んでおくとよいだろう。

  • Point2

    ワインやビールを専門にするのであれば、フランス語、ドイツ語なども勉強しておくと海外就職する際に役に立つ。

「お酒」に関する他の職種も
チェックしてみよう!