中国茶ライフスタイリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

中国茶ライフスタイリスト

どんな職種?

カフェやショップで中国茶の楽しみ方を提案

中国茶のエキスパートとして、その人のライフスタイルに合わせた中国茶の楽しみ方を提案する仕事。中国では古くからお茶が飲まれ、体調や季節に合わせて飲み分けることで健康維持に役立ててきた。日本の数十倍も広い国土を持つ中国は、土地によって風土や気候が異なり、お茶の種類もさまざま。お茶の入れ方はもちろん、歴史や地理的な幅広い知識が求められる。役に立つ資格として「茶芸師」「評茶員」という中国が正式に認めている国家資格があり、日本で資格普及をしている団体もある。

こんな人におすすめ!

中国茶に関する知識と魅力を伝える提案力が求められる

中国茶の飲み方、コーディネートなどを人に伝える中国茶ライフスタイリストは、健康や美容に関心があり、茶に関しての情報にアンテナを張れる人におすすめだ。中国茶の変遷や茶葉のできる地域などのことにも精通している必要があるため、中国の歴史や地理などの知識も必要である。中国茶の魅力を伝え、日常での取り入れ方などの提案力も求められる。

中国茶ライフスタイリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:歴史学、地理学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:中華料理店、中国茶芸店、カルチャースクールなど
  4. 中国茶ライフスタイリスト
  • Point1

    中国茶を学ぶにはカルチャースクールに通う必要がある。関連する文化や茶葉の分類といった専門知識や、実践を通してお茶入れの技術を習得することができる。

  • Point2

    中国茶の種類は茶葉の発酵具合で決まり、味や名称、効能が変わる。

「食・栄養」に関する他の職種も
チェックしてみよう!