飲食店オーナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

飲食店オーナー

どんな職種?

幅広い業務をこなしながら自分の理想とする店をつくる

飲食店の経営者として、メニューの開発をはじめ、接客、仕入れ、スタッフ教育、広告・宣伝など経営全般を担う仕事。オーナーとして経営に徹する場合もあれば、自ら料理人として厨房に立つこともあるので、バリスタ、バーテンダーなどの勉強や修業が必要な場合もある。フードサービス業界で仕事を経験してから独立・開業するケースが一般的。また、個人経営のほかフランチャイズに加盟する方法も。開業にあたっては、食品衛生管理者と防火管理者の免許を取り、保健所などに指定の届けを出す必要がある。

こんな人におすすめ!

店舗経営についての的確な決断力と運営力が重要

従業員の管理や一つにまとめ上げるリーダーシップ、店舗経営に関する的確な決断力と運営力が求められる。調理場に立つこともあるため、調理技術のある人が望ましい。飲食業界での経験だけでなく、商品開発、人材育成などビジネススキルも求められる。

飲食店オーナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経営学、コミュニケーション学、ビジネス学、食物学、調理学など
  3. 採用試験就職先:飲食関連企業など
  4. 飲食店オーナー
  • Point1

    飲食店を経営するためには、「食品衛生責任者」と「防災管理者」の許可証取得が必要である。「食品衛生責任者」に関しては、調理師・栄養士の免許を持っていれば自動的に取得できる。

  • Point2

    飲食店や飲食関連企業で働き、知識と技術を身に付けた上で、自分の店舗を持つ人が多い。

「食・栄養」に関する他の職種も
チェックしてみよう!