コーヒー焙煎の職人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

コーヒー焙煎の職人

どんな職種?

独特の味と香りを引き出すためコーヒー豆を焙煎する専門家

コーヒー豆を焙煎(ロースト)する仕事。コーヒー独特の味と香りの決め手となるのが、生豆を焙煎する工程とされる。したがって、産地、種類、特徴など豆の専門知識と、品質を選別し、用途(レギュラー、エスプレッソなど)によって異なるいり具合(浅いり、深いりなど)で仕上げる技術を身に付ける必要がある。職場はコーヒーの製造会社やコーヒー豆専門店などがあり、後者の方がより職人的な熟練の技が求められる。実務経験を積んで技術を磨いてから、専門店や喫茶店を開業して自家焙煎を行う人もいる。

こんな人におすすめ!

産地ごとの風味や特性を生かした確かな焙煎技術と豆の専門知識が重要

コーヒーは、焙煎によって風味や香り、味が大きく変わる飲み物だ。さらに、豆の種類、産地、焙煎する時の気温や湿度などによっても味が変わるため、知識と経験による技術が必要になってくる。また、コーヒーを焙煎して、来店客に提供するので、接客が好きでコミュニケーション能力の高い人に向いている。

コーヒー焙煎の職人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、ビジネス学、食物学、調理学など
  3. 採用試験就職先:コーヒー豆製造会社、コーヒー豆専門店、カフェなど
  4. コーヒー焙煎の職人
  • Point1

    自身で焙煎を繰り返して経験を積み、技術を身に付けていく。また、熟練のコーヒー焙煎の職人にアドバイスをもらうのも一つの手だ。

  • Point2

    コーヒーについての知識や技術を身に付けて、独立して店舗を持つ人が多い。焙煎のみをする人もいれば、豆の販売と一緒にする人、喫茶店を経営する人など、店の業態はさまざま。

「食・栄養」に関する他の職種も
チェックしてみよう!