料理教室の先生になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

料理教室の先生

どんな職種?

料理を習いたい人が集う教室で調理技術やおもてなし術を教える

料理教室で、調理方法やおもてなし術などを教える仕事。クッキングスクールに就職する、独立して複数の学校講師を兼務する、自ら料理教室を主宰するといった働き方がある。「調理師」や「栄養士」の資格を取得することがスキルの証明となる。また、人気と実力がつけば料理番組の出演や料理本の出版などと、活躍の幅が広がる可能性も。料理好きであることはもちろん、魅力あるオリジナルメニューを開発する力や、大勢の生徒と接するコミュニケーション能力も求められる。

こんな人におすすめ!

調理技術と指導力があり、食に対する知識も必要

調理の技術はもちろんのこと、人に教えることがメインになるので分かりやすく丁寧に教えられる指導力が求められる。さまざまな人に接しながら進めていく仕事になるため、コミュニケーションの取り方も重要になってくる。栄養や盛り付け方法などの知識やセンスも必要だ。

料理教室の先生を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:栄養学、調理学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:自宅開業、専門学校など
  4. 料理教室の先生
  • Point1

    調理技術に加えて、栄養学も身に付けておくと、説得力が増すので有効。併せて「食空間コーディネーター」の資格もあると、就職において強みになる。

  • Point2

    専門学校などで講師として正式に就職する場合には、「調理師」や「栄養士」の資格を取得する必要がある。自宅で小規模などの場合は、資格自体は必須ではないが、取得している方が生徒に対して説得力があり、効果的だろう。

「料理・調理」に関する他の職種も
チェックしてみよう!